バナー

ウォーターサーバーは停電時でも使える

ウォーターサーバーは常に電源が入っており、水を循環させています。


それに冷水や温水にするといった機能もありますのでいつでもお好みの温度の水を飲む事が可能です。

しかし、もしも停電になってしまった時はウォーターサーバーを利用する事ができるのでしょうか。


停電になった場合でも基本的にウォーターサーバーを利用する事ができます。

しかし電源が入っていませんので温度調節を維持する事が難しく、段々と常温に近づいていきます。



突然の停電の場合だと仕方のない面がありますが計画停電のように事前に分かっているものの場合は機能を停止させて電源プラグを抜いていた方が安全に使用する事ができます。ウォーターサーバーが活躍する時は平時だけではなく、もしもの災害時に活躍します。

停電したとしても中の水がダメになるという事はありませんから水を貯蓄している形になりますのでライフラインが途絶えてる状態だと大いに役に立ちます。



基本的な水の消費期限はサーバーにセットした後の状態で2週間から3ヶ月となっており、未開封だと1年間は持ちますので非常時の飲み水だけではなく、消費期限が過ぎれば生活水としても利用する事ができるでしょう。


平時でも美味しいお水を飲むために役に立つウォーターサーバーになりますが災害時にも大きなメリットがあります。



停電してしまった場合に水は常温になってしまいますが、それでも新鮮な水を提供してくれますから安心して利用する事ができます。