バナー

ウォーターサーバーのボトル方式の違い

ウォーターサーバーにはボトルの方式の違いがあります。


ワンウェイと呼ばれるボトルを新しいものにするものとリターナブルと呼ばれるボトルを入れ替えするものがあります。

この二つはどちらの方が使いやすく、お得なのでしょうか。まずワンウェイ方式になりますが、こちらは空になったボトルはそのまま処分して新しいボトルをセットする方式となります。

毎回新しいボトルになり、中には新しいお水が入っていますので両方共に新鮮な状態となります。

一方のリターナブル方式の場合ですと~になったボトルは回収しまして業者の方で洗浄して再利用するといったものになります。

再利用すると聞くと安全面で気になるという方が多いですがボトルを常に処分せずに利用しますのでエコであり料金を比較した時に格安となります。



一般的にワンウェイ方式のウォーターサーバーの方が料金が割高となっていまして、ちょっとした安心感のために料金を上積みしないといけません。



もちろんリターナブル方式のウォーターサーバーが安全面に問題があるかと言いますとそうではありませんので、ちょっとした事が気になるかどうか、少しでも新しいものを利用したいかどうかの違いになります。



ウォーターサーバーには電気代やレンタル代といった維持費がかかりますがトータルで考えた時にリターナブル方式の方が料金が安くなりますので、その辺の折り合いも考えてどちらの方式のウォーターサーバーを利用するか考えたら良いでしょう。