バナー

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーのメリットの一つとして、衛星面にとても優れています。

ボトルは密閉されており、外部からの雑菌の侵入を防いでくれる構造になっております。


普段の料理にはもちろんですが、赤ちゃんのミルクもパッと作れますし、水道水を飲ますのは少し怖いという小さいお子さんの飲用水にも安心して使えます。

また、好きな時にお湯も使えるのも嬉しい魅力ですし、その電気代は意外と電気ポットとあまり変わりません。

もしサーバーが届けば、電気ポットを使わなくても良くなるでしょう。



ウォーターサーバーの水は自宅まで届けてくれるので、わざわざスーパーでペットボトルを買う必要もなくなり、手間が省けます。
さらに、災害時に水道がストップしてしまっても、ウォーターサーバーで一定期間は水が確保できるということです。ですが、大規模な地震などでサーバーが倒れ、壊れてしまう可能性もありますので注意してください。

デメリットとしては、使う人によっては金額が割高になるということです。
普段から水を使う人にはおすすめですが、あまり使わない人には注意が必要です。

また、ウォーターサーバーを置く場所が必要になってきます。



そんなに大きくはなく、冷蔵庫程度の大きさが多いですが、確保できるスペースがあるか確認するようにしましょう。



ご家庭の水の消費具合や家族構成、利便性など考えたうえで、ウォーターサーバーを使うか使わないか検討してみてはいかがでしょうか。